オルソケラトロジー

眠っている間に裸眼視力を改善する、オルソケラトロジー

裸眼視力は角膜の形状に左右されるため、特殊なコンタクトレンズで形状を変化させて裸眼視力を改善させる治療が可能です。オルソケラトロジーは睡眠時に角膜形状を矯正する特殊なコンタクトレンズを装着する治療法です。起床してコンタクトレンズを外しても改善された視力は一定時間維持できます。そのため、日中を裸眼で問題なく過ごすことができます。
日中の眼鏡やコンタクトレンズが必要なくなるため、マリンスポーツをはじめとするスポーツも支障なく行えますし、眼鏡やコンタクトレンズから起こる不便や不快、不安を解消できます。
角膜の形状はオルソケラトロジーの特殊なコンタクトレンズ装着を中止したら元に戻っていきます。レーシックのように不可逆的な治療ではなく、手術も行わないためリスクがとても低い治療法です。

装着前と装着後について

レンズ装着前

近視では、目に入ってきた光が網膜より手前で焦点が合ってしまっているため、ものがぼやけて見えます。

就寝中

角膜の形状を矯正する特殊なカーブを持ったオルソケラトロジーのコンタクトレンズを装着して就寝します。このカーブは、目に入った光が網膜の正常な位置に焦点を結ぶように設計されています。

日中

起床したらコンタクトレンズを外します。角膜の形状が正常な状態に矯正されているため、裸眼視力が改善しています。この効果は一定時間持続するため、日中は眼鏡なしで過ごすことができます。

オルソケラトロジーをおすすめしたい方

若い方

オルソケラトロジーによる治療には、目の機能が成長途中である子どもの近視進行抑制効果があることがわかっています。そのため、近視が進行しやすい成長期に適した治療法だと注目されています。

日中、眼鏡やコンタクトレンズを装着したくない方

眼鏡をつけることが難しい職業がありますし、装用に制限を設けている仕事環境もあります。オルソケラトロジーの治療では日中を裸眼で快適に過ごせます。

ドライアイ・花粉症やアレルギー性結膜炎がある方

人工涙液をこまめにさせるため、ドライアイや花粉症などによる目の症状にお悩みの方にとっては安心感につながります。

スポーツを楽しみたい方

裸眼であれば眼鏡やコンタクトの心配をせずに、思いきり実力を発揮できます。特に水泳やマリンスポーツでは効果を実感されやすいと思います。

外科手術を避けたい方

レーシックなどに比べ、手術が必要ないためリスクが抑えられます。また角膜の形状は夜間の専用コンタクトレンズ装用を止めるだけで元に戻っていきますので、不可逆的な治療ではなく安心できます。

メリットとデメリット

メリット
  • 手術が必要ありません
  • すぐに治療をスタートできます
  • 子どもの近視の進行を抑制する効果が期待できます
  • 就寝時のみに装用するだけです
  • 日中は裸眼で過ごせます
  • 治療の中止もレンズの装用を止めるだけでできます
  • 装用を止めれば角膜形状が元に戻るため、安心できます
デメリット
  • 就寝時にコンタクトレンズを装用する必要があります
  • 個人差がありますが、視力が安定するまである程度の時間がかかります
  • 視力が安定するまで、一定期間は見え方が変動する可能性があります
  • 個人差がありますが、グレアやハロー(夜間のまぶしさや光のにじみ)が気になる可能性があります
  • 2~3年ごとにコンタクトレンズを買い替える必要があります

オルソケラトロジー治療の流れ

Step1適応検査

専用の特殊なレンズ装着が可能かどうかを精密に検査します。

Step2カウンセリング

適応検査結果を元に、専任カウンセラーが治療についてわかりやすくご説明します。不安や疑問などがありましたら、なんでもお気軽にお尋ねください。

Step3テスト装用

治療をご希望される場合、最初に1週間のテスト装用を行います。

Step4レンズ処方と治療スタート

テスト装用の効果を診断した後、治療用のレンズを処方して治療スタートです。

Step5アフターケア

オルソケラトロジーは、定期検診がとても重要です。治療開始の1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後に受診いただいて角膜の形状などをしっかり確認し、使用感なども伺っていきます。その後は3ヶ月に1度の頻度で受診いただいて、視力や目の状態をチェックします。なお、異常や違和感がありましたら定期検診の時期を待たず、できるだけ早く受診してください。

TEL.042-850-5601 24時間WEB予約
一番上に戻る