小児眼科

お子様の診察をご希望の方へ

斜視や弱視の診察をご希望の際は、視能訓練士による検査が必要になりますので、事前にご予約をお願いしております。

成長過程にある子どもの目

赤ちゃんは明るさがわかる程度で誕生し、実際に目で見ながら「見る」機能を成長させていきます。色や形を認識できるようになるのは生後3ヶ月頃、動くものを目で追えるようになるのは生後半年頃、そして3歳頃に1.0程度の視力になるとされています。ものを立体的に見て距離感を把握する両眼視の機能も見ることで学習していきます。
この時期にしっかり見ることができないと、「見る」機能は成長することができません。「見る」機能が成長する時期は限られており、それを過ぎてしまうと治療をしても十分な視力を得ることができなくなってしまいます。そのため子どもの目のトラブルでは、できるだけ早く発見して適切な治療を受けることがとても重要になってきます。

いち早く気づいてあげるために

子どもは自分で見え方について説明することができませんが、下記のような様子があれば見え方に問題がある可能性がありますので早めに受診してください。ご両親など身近な方の気づきにより早期診断につながります。

  • 目を細めて見ていることがある
  • 頻繁に目を触る、こする
  • 絵本、テレビ、タブレットなどに顔を近づけて見ている
  • ものを見る時に横目になる
  • 目が光っているように見えることがある
  • 片目を隠すと不安な様子になる、嫌がる

弱視

通常の近視、遠視、乱視の場合にはレンズで矯正することでしっかり見ることができます。ところが弱視の場合には視覚情報が脳に伝達されて「見る」機能が育っておらず、矯正しても視力が得られないのです。
また片目だけ弱視というケースもあり、弱視の方の目を使わないとそちらの「見る」機能は成長しません。片目の弱視ではものを両目で立体的に見たり、距離感を把握することがうまくできなくなりますが、もう片目は正常に見えているために本人も気づきにくく注意が必要です。

弱視の治療

弱視の治療では網膜に鮮明な像が結ばれる状態にするために治療用の眼鏡を処方いたします。視力に問題がある場合、3歳前後から治療を開始することで「見る」機能の成長を促すことが期待できますが、8歳以降では十分な機能が得られにくくなります。治療開始が早いほど効果が高くなりますので、お子様の見る様子に違和感がありましたらお気軽にご相談ください。
また片目の弱視では、よく見えている方の目に医療用アイパッチをつけ、弱視の目を積極的に使うようにして「見る」機能を成長させることもあります。

斜視

斜視のタイプ

斜視は黒目がどの方向を向いているかによって大きく4つに分類されています。

代表的な4タイプ
  • 内斜視
    黒目の向く方向:顔の内側
  • 外斜視
    黒目の向く方向:顔の外側
  • 上斜視
    黒目の向く方向:顔の上側
  • 下斜視
    黒目の向く方向:顔の下側

その他にも目の角度が変わる回旋斜視などがあります。 また脳や全身性の病気が原因となり発症するケースもあります。

斜視の治療

視力に問題があり斜視を生じている場合には、適切な眼鏡で矯正することで網膜に鮮明な像が結ばれる状態とします。その上で特殊な眼鏡で目の向きをまっすぐにする、両目で「見る」訓練により立体視を獲得するなどの治療を検討します。
目の向きをまっすぐにするために筋肉の位置を修正する手術が必要になるケースもあり、専門の施設へご紹介させていただく場合がございます。

子どもの近視

近視の子どもは年々増加し、特に小学生の近視はこの40年で約2倍に増加しています。背景にはゲーム機やスマートフォン、学校や塾でのデジタル端末の利用など、近くを長時間見る「近業」により目を酷使する環境があると考えられます。ものを見る際にはレンズの役割を果たしている水晶体の厚みを筋肉が調整して様々な距離にあるものにピントを合わせています。近視では遠くのものを見る際に網膜より手前にピントが合ってしまいぼやけて見える状態となりますが、はっきりと見える状態にしておくことが脳の発達のためにも重要です。また強度近視になると緑内障、網膜剥離、黄斑変性といった病気のリスクが上がり、失明の危険性もあるため早めに予防していくことが大切です。

子どもの近視治療

気づいた際に眼科での処方箋をもとに度数のあった眼鏡を作り、定期的に視力検査を受けることが大切です。
生活習慣や環境も近視に大きく関わるため、「近業」では30cm以上離して見る、30分毎にしばらく遠方を見て目を休める、1日2時間の屋外活動が近視進行の抑制に有効です。ただし紫外線を浴びすぎることも悪影響となりますので、紫外線量が多くなる日中は帽子をかぶるなど対策すると良いでしょう。

近視進行抑制点眼薬(マイオピン)

近視進行の抑制効果が期待されるマイオピン点眼を取り扱っております。マイオピン点眼には「アトロピン」という成分が含まれております。アトロピンを含んだ近視進行抑制点眼薬は以前からありましたが、まぶしく感じたり、近くのものがぼやけたり、目の痛みを生じるなどの副作用がありました。マイオピン点眼ではアトロピン含有量を低濃度に調整することで副作用を生じにくいように改善されています。シンガポール国立眼科センター(SNEC)の研究結果※にて効果、安全性の報告がございます。お子様の近視が気になる方はお気軽にご相談ください。

※Ophthalmology 2012;119(2):347-54

治療費用

自費診療のため保険診療と同日にご案内できません。また治療開始前の検査にはお時間を要しますので予約制とさせて頂きます。

斜視、弱視、その他の眼疾患のある方は治療適応外となりますのでご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

治療開始後の診察料(初回は1ヶ月後、以降3ヶ月毎に) 2,000円

マイオピン1本あたり(0.01%, 0.025%)1ヶ月で使い切り

各3,500円、4,000円

 

TEL.042-850-5601 24時間WEB予約
一番上に戻る