白内障手術

白内障の日帰り手術

白内障の手術当院ではお身体への負担が少ない、白内障の日帰り手術を行っています。国内では年間約140万症例の白内障手術が行われており、手法が確立している手術です。白内障は加齢に伴い誰でも発症する病気ですので、あまり深刻になりすぎないでください。
手術は濁ってしまった水晶体を砕いて吸引し、人工の眼内レンズを挿入します。この眼内レンズはメンテナンスやケア、取り替えが必要なく、生涯そのままお使いいただけます。
当院では安全性や術後の快適な「見え方」にきめ細かく配慮した質の高い白内障手術を行っています。

手術方法

手術方法

目の周りを消毒して点眼麻酔を行い、テノン嚢下麻酔などの局所麻酔を注射します。その後、瞳と白目の間を2~3mm切開し、次に水晶体を包んでいる袋のような嚢を切開します。器具を嚢の中に挿入し、超音波で水晶体を砕いてきれいに吸引して眼内レンズを入れます。手術の所要時間は15分程度であり、麻酔が効いているため手術中の痛みはほとんどありません。

眼内レンズについて

人工の眼内レンズには様々な種類があり、ライフスタイルや術後の見え方に対するご希望、ご予算などに合わせて選択いただけます。たとえば、見え方にそれほど精密さは求めないけれど眼鏡をできたらかけたくない、趣味や仕事のために手元はしっかり見えるようにしたい、運転をする機会が多いので遠くがよく見える方がいいなど、患者様によってご希望は異なります。眼内レンズは試しに入れてみるということができないため、事前にしっかり相談してメリットとデメリット、特徴などを理解した上で選ぶことが重要です。当院では、親身にお話を伺って、わかりやすく丁寧なご説明を行っていますので、不安や疑問に感じる点がありましたらお気軽にお尋ねください。

白内障手術の流れ

Step1診察と眼科一般検査

白内障の状態を確認し、他の眼疾患がないかを調べるために視力を含めた眼科の一般検査を行います。白内障と診断されたら、生活への支障などのお話を伺います。その上で手術が必要かどうかを判断します。

Step2術前検査

白内障手術について、わかりやすくご説明し、ご質問にお答えします。手術を受けることにご納得されたら、手術前の検査を行います。採血検査で感染症の有無を調べる他、角膜内皮細胞検査で黒目の細胞数を確認し、眼内レンズの度数を決める眼軸長測定なども行っていきます。 また、ここで手術の内容や注意点、術後の検診についてもくわしくご説明します。眼内レンズについてもメリットやデメリット、費用、特徴などをしっかりご説明しています。

Step3手術日程調整

術前検査で問題がなければ、手術日程をご調整します。挿入する眼内レンズの種類も決める必要があります。日程や眼内レンズについてはご自宅でゆっくり検討されてから決定することもできます。

Step4手術

ご予約された手術日にご来院いただき、手術を行います。日帰り手術なので、術後はしばらく休んでいただいてから状態を確認し、問題がなければ会計後にご帰宅となります。手術後は眼帯をつけます。翌日の受診まで眼帯はそのままにしてください。

Step5術後の検診

手術翌日にご来院いただき、診察で問題がなければ眼帯を外せます。状態によっては、もうしばらく眼帯をつけていただくこともあります。眼帯を外した後は医師からの指示があった期間、保護グラスをかけていただきます。他に、入浴やメイク、お仕事、スポーツ、飲酒などに関する制限がありますので、医師の指示を守ってお過ごしください。

TEL.042-850-5601 24時間WEB予約
一番上に戻る