コンタクトレンズと眼鏡

快適に「見る」ための眼鏡・コンタクトレンズ選び

コンタクトレンズ選び眼鏡やコンタクトレンズを使用する際は、眼科を受診し、正確な検査を受け、用途や環境に合わせた処方を受けることが大切です。
コンタクトレンズは特に、目の中に直接入れるものですから取り扱いをおろそかにすると角膜や粘膜を傷付けてしまいますし、感染症リスクも上がってしまいます。コンタクトレンズの間違った使い方によって失明する可能性もゼロではありません。コンタクトレンズを長く使っている場合、ちょっとした取り扱いの間違いが積み重なって眼科疾患を発症させていたり、リスクが上昇してしまっていることがよくあります。しっかりケアしているから大丈夫と過信せず、定期的に眼科検診を受けて角膜や粘膜、目の機能に問題がないかしっかりチェックしてもらいましょう。
深刻な眼科疾患や不快な症状といったリスクを最小限に抑え、快適に「見る」ために、眼科専門医で検診や眼鏡・コンタクトレンズ処方を受けるようおすすめします。

眼鏡処方

眼鏡処方当院では、近用、いわゆる老眼鏡の遠用、遠近両用といった一般的な眼鏡の検査と処方を行っています。眼鏡処方ではある程度お時間をいただくケースがあるため、お渡しのために後日のご予約をお願いしています。
※現在、眼鏡をお使いの場合には、検査で受診される際にその眼鏡をご持参ください。

コンタクトレンズ処方

当院でコンタクトレンズの処方を行っています。種類も遠近両用などがありますので、ご希望があれば受診の際にご相談ください。

当院取り扱いメーカー

  • アルコン
  • クーパービジョン
  • シード
  • ジョンソン&ジョンソン
  • ボシュロム
  • メニコン
  • ロート
  • HOYA
  • 東レ
  • シンシア
  • アイレ

はじめてのコンタクトレンズをお考えの方に

当院では、コンタクトレンズがはじめてという方に、装着や外す練習を丁寧にご指導する時間をとっています。安全に、正しく取り扱いできるようになることが重要です。
はじめての方には受付終了時間の1時間以上前までのご来院をお願いしています。これにより、納得いくまで練習していただけます。また、ケアの方法についてもわかりやすくお伝えしています。最終受付は下記の通りですが、ご不安がありましたら時間に余裕をもっていらしてください。

最終受付
  • 午前:12:30
  • 午後:18:00

定期的な眼科検診で健康な瞳を守りましょう

「見る」ことは生活全体を大きく左右する重要な機能であり、安全にも大きく関わっています。眼鏡やコンタクトレンズを使用している場合には、健康な眼を守るために必ず定期的な眼科検診を受けてください。また、違和感やちょっとした症状があったら定期検診を待たず、できるだけ早くご相談にいらしてください。
コンタクトレンズは直接目に入れて使う高度管理医療機器であり、薬事法によりクラスⅢに指定されています。そのため、コンタクトレンズ使用の際は、3ヶ月に1回の定期検診が必要です。
コンタクトレンズは毎日、長時間連続使用するものですから、使用やケアに関してちょっとした間違いがあるとそれが積み重なって大きなダメージにつながりやすいというリスクがあります。視力の大幅な低下や失明につながる可能性はゼロではなく、多くの眼科疾患の原因にもなっています。ハード・ソフト・使い捨てといったすべてのコンタクトレンズにはこうしたリスクがあります。
コンタクトレンズの不適切な使用やケアによる眼疾患で最近増加傾向にあるのは交換時期を過ぎて使用したことによるものです。健康な眼を守るために、適切な使用やケアを心がけてください。

TEL.042-850-5601 24時間WEB予約
一番上に戻る